5月の幼稚舎


 今年はちょっと早めに、梅雨入りしましたね。まだまだ、ちょっと肌寒い時もあり、体調管理も注意しながら、子ども達と元気に過ごしています。今月は、9日(水)の参観日の様子をお伝えします。

2歳ひよこ組 保育 3歳さくら組 音楽 4歳ばら組 英語 5歳ゆり組 体育


 9日(水)に参観日がありました。幼稚舎に来始めて約1カ月の子達や、一つお兄ちゃん、お姉ちゃんになった子達を見に、たくさんのおうちの方が見に来て下さいました。

 2歳ひよこ組は、保育で製作を。顔を描いたり、のりを使ったり、みんな頑張っていましたよ。出来た作品は、窓に飾りました。上手くできたね。
 3歳さくら組は、音楽です。歌を歌ったり、ピアノを聞いてかめさんが動いたり、うさぎさんが動いたり。よく音を聴いて動いていましたよ。
 4歳ばら組は、英語です。いつもとっても楽しんで、英語の曲を歌ったり、踊ったりしています。4歳になって、英語でぬり絵もしましたよ。
 5歳ゆり組は、体育です。跳び箱やマットを使って体を動かしました。運動会の組体操も楽しみです。


 さて、6月10日(日)は、公開保育です。今年もたくさんの方々に来ていただいて、「幼稚舎がどんなところか?」、していること、子ども達の様子等を通して、見て、感じていただきたいと思っています。公開保育では、特色でもある専科の授業を見ていただきます。幼稚舎では、英語、知能、音楽、体育、絵画の授業があり、子ども達はそれぞれの専門の先生に教えてもらうことで、授業がより分かりやすく楽しいものとなり、子ども達はいつの間にか引き込まれて授業を受けています。よく、「小さい子でも、ちゃんと座って授業を受けていて、すごい!」と言われたり、「それが小さい子にとって必要なのか?」と何となく違和感を持たれたりすることもあります。「聞く」「見る」「話す」を身に付けるのは、この時期一番大切なことです。その為に、環境や聞く姿勢についてはこちらで整えますが、子ども達は活動が楽しいので、自然と姿勢を身に付け、理解していくようです。専科の先生達も、「こんなことを伝えたい」「次はこうしてみたい」といろいろなアイデアを持って来てくれていますし、毎月のクラスごとの話し合いもずっと続けています。

 その他にも幼稚舎を出て季節を感じながら、遊んだり、散策を楽しむ舎外教育があります。3,4歳は週2回、5歳は週1回、2歳は季節のいい秋頃に総合公園、野外活動センター 、動物園、しおさい公園などいろいろな場所に出かけています。なかなかここまで自然と親しむ幼稚園は、ないと思います。舎外に出るためには、先生達が様々な配慮をし、子ども達も集団行動ができることがより重要です。自然や外で学ぶというのは、子ども達にとってもいい影響を与えています。ここでも「楽しい」という思いが、原動力になっているように思います。


 1度幼稚舎を見に来ませんか?公開保育、お待ちしています!