2月の幼稚舎


 少しずつ寒さも緩み、冬から春へ季節が変わっていくのを感じます。子ども達もジャンパーを着ていても、すぐ脱いで外で元気に遊ぶ姿が見られるようになりました。今月は、発表会の様子をお伝えします。

 
 

 10日(土)の発表会当日は、あいにくの雨となりました。しかし、子ども達の為にたくさんのご家族の皆さんが見に来て下さいました。子ども達も緊張するというより、「早く見てもらいたい!」という気持ちの方が強かったようです。
 発表会の劇は、いつもの幼稚舎での練習通り、大きな声でセリフが言え、楽しそうに劇をする姿が見られました。5歳の「ピーターパン」では、せりふの量と言い、演技といい、さすが5歳!という劇が出来たと思います。
 4,5歳の音楽、5歳のオープニング、英語劇、全員による歌と盛りだくさんの発表に、たくさんの笑顔と拍手をもらって、子ども達もとても喜んでいました。全体的に「大成功」で終了した発表会となりました。

     

 今年も同時に開催された、絵画作品展。2,3歳は、4月より上手く書けるようになった絵を、4,5歳は片岡先生と1年間取り組んだ絵と様々な作品を見て頂きました。自分が描いた絵や作ったものを見つけて、嬉しそうにしている子もいましたね。お家の方に幼稚舎の取り組みの一端を見てもらえるいい機会となっています。4歳から始まる絵画も、楽しみにしてくださいね!


 2月ももうすぐ終わり、29年度ももうあと少しとなりました。これからは、5歳は小学校に向けて、2,3,4歳は、次のクラスに向けての締めくくりの月になります。やり残したことのないように、上のクラスになって困らないように、あと1ケ月過ごしていきます。残り少ない日々を楽しく、また有意義に過ごしていこうと思います。